« 本郷散歩 | トップページ

2020年6月20日 (土)

多摩川河原散歩の下見

 近く散歩の会を予定しているので、この暑い季節にどうだろうと思い、下見に。昨年同じコースを5月に下見したときは快適な散歩だったが。
 10時過ぎに田園都市線二子玉川駅をスタートして、まず野川と多摩川が合流する兵庫島から。
野川は多摩川と比較すると何ということはない小さな川に見えるが、実は国分寺から、いわゆる国分寺崖線に沿って流れてくる由緒ある川。

Cimg3109_r


 兵庫島に掲示されているこの地の謂れ。新田義貞の子までさかのぼる。

Cimg3111_r


 多摩川の河川敷に出て、野球場やサッカー場の合間をぶらぶら歩く。天気は晴れで気持ちはよいが、日差しのせいかやや暑く感じる。後で調べたら、11時時点で27℃だったのでそれほど暑いことはないはずだが。

Cimg3112_r 


 河川敷から堤防土手に上がる。風通しが良いので河川敷を歩くよりはやや心地よい。

Cimg3118_r


 対岸の川崎市を望む。一昨日雨が降ったとはいえ川の水量は梅雨時にしてはさほど多くない。

Cimg3119_r


 河川敷のコートで女子大生と思しき若い人が何かしている。ラクロスか?

Cimg3122_r


 堤防上の歩道はサイクリングやランニングと共用だけど、それほど混み合ってはいない。土曜日の11時頃。

Cimg3123_r

 

 ちょっと川べりに寄り道。川の浅瀬で釣りをしている人がいた。

Cimg3128_r


 再び河川敷を、草いきれの中黙々と歩く。前方に東電の送電線。

Cimg3130_r


 この送電線、鉄塔橋脚の基礎部分がレンガ造り。かなり昔作ったものと思われ。

Cimg3132_r


 東名高速が多摩川を渡るところ。橋梁の塗装もだいぶ色あせて時代を感じさせる。できたのは昭和40年代だから、そのあと塗装のやり直しくらいはしたと思うが、もう50年。

Cimg3134_r


 河川敷の車庫のようなところに、コンバットに出てきそうな第二次大戦中のトラックとジープ。好きな人には垂涎ものだろうが。

Cimg3138_r


 終盤の宿河原堰。右は遡上する魚の通り道。見かけはきれいな水だが、ちょっと臭いが気になる。このあたり、45年ほど前に大水害で多摩川の堤防が決壊した辺り。

Cimg3150_r

 

Cimg3151_r


 今日のゴールである小田急線・和泉多摩川駅近く。距離は約6km。ぶらぶら歩いて2時間ほどの行程。自分にしては久しぶりに少し長く歩いたので、ちょっと疲労感。お昼時なので、和泉多摩川駅周辺で知っているおいしいラーメン屋に行ったら、コロナのためか「しばらく休業します」。残念。おとなしく帰途に就くことに。ここまで家から14,000歩。

Cimg3153_r

« 本郷散歩 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本郷散歩 | トップページ

無料ブログはココログ

京都の会社設立屋が送る京都パーツ